山形弁クイズ
方言での会話を標準語にするとどういう意味になるでしょうか。
答えボタンをクリックすると、標準語訳が表示されます。
【Part1】 【上級編】
◆ある日の立ち話し◆
A女:「なえだて早えなあー どこさ えぐなあーだ」
「ずいぶん早いわねー どこへ 行くのですか」
B女:「えしゃさ くすりもらえよ」
「お医者さんに くすりをもらいに行くの」
A女:「きんな ししゃすぐまでえで、ごっつおさまなあー」
「昨日は 長時間お邪魔して ご馳走様でした」
B女:「なんにぉん んまえもの、なくてなあー」
「何にも美味しいものなくて、ごめんなさいね」
A女:「えしゃがら きたら おらえさこえ なんにょ なえげんと」
「お医者さんから帰ってきたら、私の家に来てね、何もないですけど」
B女:「えでなの えっつんだて んまえものばかり、あっちゃあれ」
「お宅では いつでも 美味しいものばかり ありますよね」
A女:「おらえの なっぱづけ えやんばえ つかったよだなあー」
「私の家の 白菜漬 いい感じで 出来上がったみたいだわ」
B女:「おどどえな えのまえさ えったれば カブづけすこす しょっぱえけな」
「おととい 前の家(隣の家)に 行ってみたら カブの漬物が少し 塩辛かったわ」
A女:「しょっぱえななの ええなだ はるまで おぐえちゃあれ」
「塩辛い方が 良いわよ 春まで 置いておけるじゃない」
B女:「しゃべてっど バスおくれっちゃあれ」
「お話してると バスに遅れちゃうわ」
A女:「んだら えってこえ えってきたら あすびえこえ」
「それでは いってらっしゃい 帰ってきたら 遊びに来てね」
 
(尾花沢市「昔を語る会」編『尾花沢(おばね)の方言』より引用)
ホームへ