さくらんぼ

くだものの花形
甘い果汁、さわやかな香りと愛らしいカタチ、まさに三拍子揃った優れもの
数多い品種の中で、味も人気もナンバーワンといえば「佐藤錦」。その名声は全国、さらに海外まで届いています。
JAみちのく村山のさくらんぼ おいしさのひみつ
おいしい佐藤錦が育つ条件は「寒さ」と「日差し」の二つが揃っていることです。
村山盆地は昼夜の温度差が大きく、しかも気温が低く日差しが強い、まさに最適な気候です。

佐藤錦の収穫は早朝に行い、ひと粒ひと粒、手作業で選別を行い、丁寧に箱やパックに詰めていきます。雨に当ると割れてしまい、栽培にも非常に手間がかかります。
さくらんぼの効用
さくらんぼの歴史さくらんぼキャラクター
さくらんぼの品種

→さくらんぼ生長記録へ
さくらんぼのWEBショッピングはこちら
さくらんぼの主成分は糖質で、カロチンやカリウム、鉄分がたくさん含まれています。
中でも鉄分は他の果物と比べて群をぬいており、貧血や疲労回復、冷え性に効果があります。
その他、疲れ目の回復、美肌維持、気管支炎の消炎などにも効果があるそうでうす。
胎児の健康な育成を育むということで、妊娠中の女性に欠かせない葉酸も多めに含んでいます。
★高血圧予防★
カロチンとカリウムは、ナトリウムの排泄を促進して高血圧を予防し、さらに利尿作用を発揮してむくみや慢性腎臓炎等にも効果を発揮します。

★ソルビトールの効力★
さくらんぼにはソルビトールが含まれ、便のpH値を下げ、便の量を増やす効果があるので、便秘解消が期待できます。


さくらんぼの成分表(可食部100gあたり)
エネルギー 蛋白質 脂質 糖質 繊維 カルシウム リン ナトリウム カリウム カロチン ビタミンA効力 ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンC
54kcal 1.0g 0.2g 13.2g 0.3g 13mg 17mg 0.3mg 1mg 210mg 42μg 23IU 0.03mg 0.03mg 0.2mg 10mg

■風湿(関節炎、神経痛)の改善に
腰痛、リウマチなどの原因となる「風湿」を取り去る効果があるといわれています。1日に10個ほど食べると良いでしょう。
さくらんぼ + 黒大豆、キウイフルーツ、ハトムギ、しょうが、酒
■美しい肌の保持に
元気を補う作用や、皮膚を潤す働きもあります。
さくらんぼ + さつまいも、ヨーグルト、マンゴー、レモン
■疲労回復、貧血の改善に
疲労や産後の回復に効果を発揮します。さくらんぼ酒を常飲すれば、虚弱体質改善にも役立ちます。
さくらんぼ + きくらげ、なつめ、落花生、黒砂糖
ページトップへ
★起源は3種類★
・甘い実をつける甘果桜桃(西洋実桜:セイヨウミザクラ)
・酸っぱい実をつける酸果桜桃(西洋酸実桜:セイヨウスミノザクラ)
・中国桜桃(支那実桜:シナノミザクラ)
この3種類がさくらんぼの起源とされています。
日本で一般的にさくらんぼといわれているのは甘果桜桃の実のことです。
原産地は、甘果桜桃はアジア西部から南西にかけて、酸果桜桃は東南アジア、中国桜桃は中国であるとされています。さくらんぼ
さくらんぼの歴史は古く、甘果桜桃は有史以前にすでに栽培化されていたようです。

★日本への伝来★
明治元年、ドイツ人のガルトネルが北海道に6本のさくらんぼを植えたそうです。
その後、北海道開拓使がアメリカから苗木を輸入し、北海道、東北地方に広まったとされています。
山形県でも独自の品種改良がすすめられ、さらに気候風土が適していた為、産業的な栽培にまで発展しました。現在では全国一の生産量を誇るまでになりました。

ページトップへ
さくらんぼの品種はたくさんありますが、JAみちのく村山で出荷している主な品種です。

★佐藤錦★
日本を代表する品種です。甘さもコクも最高級品!
「ナポレオン」を母にし、「黄玉」の花粉を交配して実ったなかから育種され、1914年(大3)に佐藤栄助氏の名をとって命名されました。以降、現在に至るまで、さくらんぼのトップの座に君臨し続けています。

★ナポレオン★
18世紀初期からヨーロッパで栽培されていた品種です。ほのかな酸味とともに甘さがたっぷりあります。完熟したナポレオンは完熟した佐藤錦よりも美味と評する専門家もいるほどです。育種には欠かせない品種になっています。

さくらんぼいっぱい★高砂★
もともとは「ロックポートピカロー」というアメリカのさくらんぼです。早生種で一番早く出回ります。

★紅秀峰★
「佐藤錦」に「天香錦」を交配して得られた実生から選抜・育成されたもので、1991年に品種登録された新しい品種です。大玉で甘味が強く、酸味が少ないのが特徴です。

★紅さやか★
「佐藤錦」に「セネカ」を交配して得られた実生から選抜・育成されたもので、紅秀峰と同じく1991年に品種登録された新しい品種です。色が朱紅色で、甘味と酸味がバランスのよいさくらんぼです。
ページトップへ
ホームへ 特産物一覧へ