すいか成長記録
露地すいか >>ハウスすいか
※画像をクリックすると拡大画像を表示します。

すいかの苗
【3月下旬】
3月中旬から、すいか苗の接ぎ木作業が行われています。順調に丈夫な苗が育っています。
すいかの苗
すいかの苗【4月上旬】
本葉が3.5枚になると定植となりますが、今は1〜1.5枚程度となっており、定植までは10日前後必要です。
すいかの定植作業すいかの定植
定植後のすいか畑【4月下旬】
露地スイカの定植が始まりました。広い畑で大規模に栽培される尾花沢スイカ。
植えられた苗は1つずつダイヤキャップという紙で覆われます。このダイヤキャップは、苗の保温効果や直射日光を避ける、苗が乾燥しないようにする等様々な効果があります。そして、このダイヤキャップは土に苗が根付く1週間ほどで外します。その上にもトンネルを被せさらに保温効果を高めて、大事にスイカが栽培されています。
すいかの苗
【5月上旬】
すいか畑日中もあたたかくなり、桜がようやく満開になってきたころ、露地のスイカのダイヤキャップも外されました。この1週間で苗はしっかり成長し、ツルものびてきたのが見受けられます。
すいかの苗
【5月中旬】
つるの先気温の上昇に伴ってぐんぐんと成長してきているようです。葉の枚数やつるの本数、長さも増えてきました。つるの先端では、これから展開する小さな葉がたくさんみられます。
すいかの苗
すいかの花【5月下旬】
スイカに花が咲きました。つるも順調にのびて本数も増えてきており、すいか畑摘芯されていました。
すいか畑
作業の様子【5月下旬】
2番花が咲いているところです。現在は、「側枝かき」と、つるの先端の位置をそろえる「つるひき」という作業をしているところです。さらに、スイカの葉をトンネルの外に出す作業も行っていました。今までは、トンネルの中で成長させていましたが、これからはトンネルの外に出して成長させます。
すいかの赤ちゃん
すいか畑【6月中旬】
露地すいかの葉もぐんぐんと成長し、トンネルの外側で葉がかなり茂っていました。トンネルの中では、スイカの赤ちゃんを発見!もうだいぶ大きくなっていました。大きさは直径15cm程度でした。
すいか(6月下旬)
すいか畑【6月下旬】
スイカの赤ちゃんは20cmまで大きくなりました。前回よりもよりスイカらしくなってきました。これからまだまだ成長していきます!すいかとライター(6月下旬)
7月上旬のすいか
すいか畑【7月上旬】
すいかの直径は25cmくらいにまで成長して、ほぼ収穫するときの大きさにまでなりました。トンネルも外され、太陽の光を直接たくさん浴びて、すいかはどんどん赤く甘く成長していきます。
すいかの収穫
すいかの収穫【7月中旬】
いよいよ収穫が始まりました。太陽の光をいっぱい浴びて、大きく甘いすいかへと成長しました!すいか
これからさらに出荷が本格化し、全国へとすいかが届けられます。
→販売に関するお問合せはこちらまで
すいかのページへ
ホームへ 成長記録トップへ