さくらんぼ成長記録
※画像をクリックすると拡大画像を表示します。

さくらんぼの青い実
5月下旬
さくらんぼの青い実がなりました。
これから、太陽を沢山浴びて、大きく、赤く、おいしいさくらんぼになります。
さくらんぼの赤みがかかってきた実
6月上旬
青かった実が、赤みがかかってきました。
露地では早生種のジャボレー、紅さやかがまもなく出荷開始となります。
赤みがかった佐藤錦
6月上旬赤みがかった佐藤錦
いよいよ、主力品種「佐藤錦」の成育順調収穫期が見えてきます。
早生種の紅さやかの出荷は始まっています。
紅さやか
6月上旬着色を待つ佐藤錦
早生さくらんぼ、「紅さやか」が出荷されています。

「佐藤錦」の収穫に向け、生産農家は準備完了。鮮やかな朱色に着色を待つだけです。
佐藤錦1kgバラ詰め
6月中旬
さくらんぼ各集荷場の共選が始まりました。上の写真は、村山東部共選集荷場にて、格付けされた佐藤錦1kgバラ詰め。
目ぞろい会右の写真は200gフードパック規格検討会にて、共選出荷のための目ぞろい会風景。生産者のパッキングは主に奥様方の仕事です。集荷
左の写真は、集荷格付けされたさくらんぼ、トラックへの荷揚げ準備の様子です。
収穫最盛期の佐藤錦
6月下旬
さくらんぼの収穫、出荷の最盛期を迎えています。
県内でも最高品質の銘柄を確立している当地区のさくらんぼ。主力品種のおいしく、すばらしい佐藤錦が日々出荷されています 。
格付け員の研修会右の写真は各共選所、当農協職員、選果格付け員の研修会風景。
厳格な格付けが当地区銘柄の身上です。収穫直前のさくらんぼ
左の写真は収穫直前の生産者園のさくらんぼ。着色の仕上がりも良好。もう、収穫するだけです。味にも最高の自信。
朝に収穫したものがその日のうちに農協の集荷場に持ち込まれ、格付けされて昼過ぎにはトラックに積み込まれます。
おいしいさくらんぼも新鮮さが命です。
→販売に関するお問合せはこちらまで
さくらんぼのページへ
ホームへ 成長記録トップへ