こめっこレストラン
春を感じる味「さくらもち」
さくらもち
《材料》(6個分)
・うるち粉・・・・・・・・・・・・・・・・40g
・もち粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
・水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120cc
・砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6g
・食紅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
・つぶあん・・・・・・・・・・・・・・・・180g
・大島桜の葉(塩漬け)・・・・6枚
《作り方》
  1. ボールにうるち粉・もち粉・砂糖を一緒にしてかき混ぜる。
  2. つぶあんを6つに分けて俵型に形を整える。桜の葉は塩出しをして、水分をふき取る。
  3. @に水を少しずつ加えてよくかき混ぜ溶かし、10〜20分置いておく。その後、食紅を加えて色をつける。
  4. フライパンを火にかけ、熱してきたら薄く油を塗る。Bを大さじ2杯流して楕円形に広げる。表面が乾いたら、裏返してさっと焼き、ざるなどにとって荒熱をとる。
  5. 桜の葉の表を外側にして皮に(皮は先に焼いた面を外側にする)貼り付けたら、中央にあんを乗せて巻けば出来上がり。
雪の降る日も減って、春がすぐ近くまでやって来ていますね♪
今回は、春らしく「さくらもち」を作ってみました。旧の節句の方には、まだレシピが役に立ちますね。お雛さまを片付けてしまった方は、来年のために一度作ってみてください。また、米粉で作ったもちもちの皮には、「こしあん」よりも「つぶあん」の方が相性がいいですよ。簡単にできますので、皆さんご賞味下さい!
ホームへ戻る おすすめ★レシピ トップへ