サンマのなんば漬け
サンマのなんば漬け
《材料》
・サンマ・・・・・・・・・・・・・10匹
・ダイコン・・・・・・・・・・・中1本
・ニンジン・・・・・・・・・・・中1本
・タマネギ・・・・・・・・・・・中1個
・ショウガ・・・・・・・・・・・1片
・輪切りなんば・・・・・・・適量
・片栗粉・・・・・・・・・・・・・少々
【A】
 ・しょうゆ・・・・・・・・180cc
 ・酢・・・・・・・・・・・・・・60cc
 ・みりん・・・・・・・・・・大さじ2
《作り方》
  1. サンマは、頭と尾を切って縦に開いて骨とハラワタを取り(小さな骨もピンセットで取ると良い)、酢水(水500tに酢大さじ1)で洗い、半身を3等分にする。
  2. @の水分をキッチンペーパーで取り片栗粉をまぶし、余分な片栗粉をはたき落して揚げ油で揚げる。
  3. ダイコン、ニンジン、ショウガの皮を取り千切りにする。ニンジンはサッと熱湯にくぐし、ダイコンは塩大さじ1で軽く合わせしんなりしたら汁を絞る。タマネギは薄くくし型に切り、冷水に1〜2分さらし水を切る。
  4. Bの野菜と輪切りなんばを合わせる。容器に野菜とサンマを交互に重ね、混ぜ合わせた【A】を上からかけ重石を載せる。汁が上がったら重石を軽くして一昼夜漬け込む。
  1. Aで余分な片栗粉をはたき落とした後、サンマを重ね10分くらい置くと、片栗粉がなじんで揚げ油に入れたとき粉が散らない。
  2. 2〜3回使用した揚げ油を使うと、サンマの揚げ色がキツネ色になって良い。
洋食が主食になり、魚料理が食卓から消えていくように思われます。
"サンマのなんば漬け"は四季を問わず作ることができ、
家族みんな食べてくれるのがとてもうれしいです。
この機会に、ぜひ皆さんも作ってみてください。
村山市大淀の佐藤さんのレシピです。
ホームへ戻る おすすめ★レシピ トップへ