ニュースギャラリー
-2015年9月-
<<2015年8月 2015年10月>>
【鉢植えを作ろう! 講習会開催】
2015/09/26
尾花沢地区フレッシュミズ部は9月26日、鉢作り講習会を行いました。材料は新聞紙とセメントで、型に入れて2週間ほど乾かすと、模様付きの小さな鉢のできあがり。以前『家の光』で作り方が紹介されたもので、フレミズ部員は「セメント練りは力がいる。出来上がったら玄関先に飾りたい」と話しました。


←講師の手つきに見入るフレミズ部員たち
【オープン3周年の売り出し】
2015/09/26
大石田農産物直売所「つなぎ」が、オープン3周年を迎えるのを記念して、26〜27日の2日間にわたり大売り出しを行いました。店内では里芋やごぼう、ナスなどの野菜が特価で販売。購入者には「どまんなかうどん」1袋のサービスも行われました。


←旬の農産物が並ぶ店内。目当ての野菜を購入
【刈って、運んで、収穫体験】
2015/09/24
尾花沢市立玉野小学校で9月24日、3〜6年生の児童39人による稲刈りの体験学習が行われました。児童たちは、尾花沢地区青年部のメンバーからやり方を教わり、5〜6年生が学習用の田んぼで「ヒメノモチ」を刈り取り。刈った稲は、3〜4年生によってリヤカーで運ばれ、昔ながらの「はせ掛け」で自然乾燥させました。


←「ヒメノモチ」をリヤカーに積み込んで運搬
【荷受けを前に安全祈願】
2015/09/16
村山市中央カントリーエレベーター施設利用組合は9月16日、施設前で神事を執り行い、今年の豊穣と作業員の安全を祈願しました。同施設はこの日から稼働を開始。当JA管内では尾花沢が12日から、大高根が14日から、大石田が15日から、それぞれカントリーエレベーターでの荷受けがスタートしました。


←神事で作業員の無事故を祈願
【鎌を使って元気に刈り取り】
2015/09/16
9月16日、村山市立楯岡小学校の5年生113人は、青年部楯岡支部の指導を受けながら稲刈りの体験学習を行いました。刈り取ったのは5月に植えた「はえぬき」。稲は、木の杭に交互に重ねる昔ながらの「杭掛け」で天日干しにされました。


←青年部メンバーと一緒に杭掛け作業
【「ありがとう」目標クリアーに感謝】
2015/09/10
当JAすいか生産部会は9月10日、本店でスイカの販売求評会を開催。販売実績が計画を上回った今季の内容について、重点取引市場の販売担当者と生産者代表などが出席して話し合いました。鎌田政光部会長は「この40年でこれほど素晴らしい成績でクリアーできた年もない。皆さんにありがとうと言いたい」とあいさつしました。


←あいさつする鎌田部会長(左端)
【雨上がりの熱戦 いざ県大会へ】
2015/09/10
9月10日、村山市で第14回JAみちのく村山組合長杯グラウンド・ゴルフ大会が行われました。地区予選を勝ち抜いてきた年金友の会の会員95選手が参加。直前までの雨のため、水たまりに大苦戦する場面も。葉山支店代表の芦野岩夫さんが優勝し、上位20名が10月6日の県大会への出場キップを手にしました。


←仲間たちとプレー!
【大石田地区でも廃プラ回収】
2015/09/09
西部すいか選果施設(大石田)の前で9月9日、大石田経済事業所による廃プラスチックの回収作業が行われました。「8月後半からは、すいか関係の資材が多く持ち込まれる。また、家庭菜園用の肥料の袋なども多い」と、同事業所の職員は話していました。


←JA職員による回収作業
【雨空もへっちゃら、仲間たちとプレー】
2015/09/09
当JAの女性部は9月9日、尾花沢市の花笠グラウンド・ゴルフ場でスポーツ親睦会を開催。あいにくの雨模様でしたが、約60人がスティックを手にし、それぞれ腕を競いました。競技終了後は「花笠の湯」で食事会も行われました。


←防寒具に身を包みながらプレー
【猛暑に備えて実演会】
2015/09/09
村山営農センターは9月9日、村山市内の圃場で、スイカ灌水チューブ機械の実演会を開催。今年は猛暑が長く続き、スイカ圃場におけるセンチュウ対策の必要性が高まったことから行われたもの。集まった生産者の前で、全農の担当者が、機械をトラクターのロータリーに取り付けて実演しました。


←機械によって、灌水チューブとマルチが同時に敷かれていきました
【ゴルフコンペ 130人が腕前を競う】
2015/09/08
当JAのふれあいゴルフ愛好会は9月8日、村山市のさくらんぼカントリークラブで「第19回JAみちのく村山ふれあいゴルフコンペ」を開きました。35パーティ、130人が参加。始球式に続いて各メンバーごとにスタートし、プレーを楽しみました。


←個人の部で優勝の鈴木通義さん(右)
【18回目のそば花まつり】
2015/09/05
村山産のそばを多くの人に味わってもらう「そば花まつり」が9月5日、大高根地域市民センターで行われました。今年で18回目を迎えます。会場では村山地区女性部大高根支部のメンバーも出店。玉こんにゃくや団子、焼き鳥などを販売しました。


←艶やかな打ち立てそば、親子で「いただきます」!
【地域を越えてメンバー交流】
2015/09/04
JAみちのく村山青年部は9月4日、JA本店の敷地内で青年部盟友交流会を行いました。約50名が七輪を囲んで会食し、仲間同士での語らいの機会を楽しみました。同青年部の星川祐一委員長は、「違う地区のメンバー同士で交流できるいい機会。大いに話し合ってほしい」と話しました。


←今年度後半の活動に向けて、英気を養いました