女性部 
<2008年> <2007年> <2006年> <2005年> <2004年>   <貸衣装>
最新の衣装、豊富な品揃え 貸衣裳展示会
〜尾花沢〜

最新の婚礼衣裳を集めた貸衣裳展示会が2007年6月23、24日の2日間、尾花沢営農経済センター3階大ホールで開かれ、衣裳を予約する人たちで賑わいました。
会場には、最新モードのドレスなど100点をはじめ、ウェディングドレス、タキシード、振り袖など多数展示。結婚式を間近に控えたカップルが、試着しながら着心地やデザインを確かめ衣裳を選んでいました。
このような展示会のほかに、尾花沢営農経済センター内には貸衣裳室が常設され、いつでも試着ができます。
問い合わせは(電)0237―22―1708
月〜金曜日 5時まで、 土・日曜日 3時まで
水曜日・祝祭日は休業
花植付け、公園きれいに
〜大石田地区女性部〜
町民の憩いの場になっている、大石田町川端地内の最上川河川敷の親水公園で2007年6月15日、大石田地区女性部「青空かあちゃん市場」のメンバー7人が花の苗を植えました。
同市場が取り組む、花いっぱい運動の一環として、毎年恒例となった地域奉仕活動。メンバーはくわで花壇を耕し、自ら準備したサルビア、マリーゴールドの苗400本を、大石田町の花火をイメージして、色とりどりに3重、4重の円形に並べて植えました。代表の武田秀子 さんは「思った以上に、きれいな花壇ができた。町民はもちろん、町外から訪れる人たちが喜んでくれればうれしい。ぜひ見に来てください」と語ってくれました。
総代会・報告会開き活発に活動
〜女性らしさを農業・JAに〜
<通常総代会>
第12回JAみちのく村山女性部通常総代会が3月19日、本店3階ホールで開かれ、女性部代議員ら84人が出席しました。あいさつに続き議事では、平成18年度事業報告ならびに収支決算書の承認など4議案が審議され、満場の拍手で可決承認されました。
平成19年度は、部員数拡大に向けた取り組みとして、自分の暮らしや自分たちの組織であるJA女性部を見つめ直し、女性部員一人ひとりが主体的に活動に取り組んでいくことを確認しました。午後からは「家の光大会」が行なわれ、組織活性につながる一日となりました。
また、役員の改選では、次のように決まりました。
◎新役員
・部長 六沢 幸子さん(村山)
・副部長 松本 コトさん(尾花沢)
遠藤 トキ子さん(大石田)
<村山地区>
村山地区女性部の第17回女性部まつり・活動報告会が3月3日、本店3階ホールで開かれ、女性部員ら約200人が出席しました。
平成18年度の活動報告会に続き、平成19年度は、部員数拡大に向けた取り組みとして、自分の暮らしや自分たちの組織であるJA女性部を見つめ直し、女性部員一人ひとりが主体的に活動に取り組んでいくのを確認しました。午後からは演芸発表会が行なわれ、各支部の代表15組が踊りを披露し、部員相互の親睦と組織活性のための1日となりました。
また、役員の改選では、次のように決まりました。
◎新役員
・部長 板垣 節子さん(西郷支部)
・副部長 六沢 幸子さん(袖崎支部)
橋 廣美さん(大高根支部)
<尾花沢地区>
尾花沢地区女性部活動報告会が3月10日、尾花沢営農経済センター3階ホールで開かれ、女性部員ら約100人が出席しました。
平成18年度の女性部活動と貸衣装活動の報告に続き、山形県農業公社農地保有合理化事業推進員の伊藤一雄氏を講師に迎え、「これからの集落営農について」と題した研修会が行なわれました。その中で伊藤氏は、「新しい農政のためには、女性の皆さんの協力が必要」と女性への理解を呼びかけました。
また、役員の改選では、次のように決まりました。
◎新役員
・部長 松本 コトさん(常盤支部)
・副部長 斉藤 とよ子さん(尾花沢支部)
柴田 ヒメさん(玉野支部)
<大石田地区>
大石田地区女性部の総会と祈年祭(としごいのまつり)が3月14日、大石田営農経済センターで開かれ、女性部員ら約100人が出席しました。
平成18年度事業経過報告ならびに、収支決算など4議案が審議され、満場の拍手をもって可決承認。平成19年度は、自分の暮らしや自分たちの組織であるJA女性部を見つめ直し、ゆとりとふれあい、たすけあいのある、住みよい地域社会作りを目指すことを確認しました。午後からは祈年祭が行なわれ、「楽しいレクリエーションで脳活性」と題して、宮城県レクリエーション協会の山内直子さんの講演会、ビデオ上映会が行なわれました。
また、役員の改選では、次のように決まりました。
◎新役員
・部長 遠藤 トキ子さん(横山支部)
・副部長 井上 友子さん(大石田支部)
そろいの衣装で踊り披露
〜村山地区楯岡支部 演芸発表会〜
女性部楯岡支部の演芸発表会が2007年2月11日に本店で行われ、約120人が参加しました。
発表会では、支部の各地区代表16チームがそろいの衣装や工夫を凝らした衣装を身にまとい、この日のために練習してきた踊りを披露。JAみちのく村山楯岡支店の職員らも「なかよし音頭」で参加し、大いに盛り上げ、会場からは大きな声援とともに多くの拍手が送られていました。
最後に全員で、手を取り合い大きな輪となって「世界に一つだけの花」を踊り、組織の活性と部員相互の親睦を図りました。
米粉を使った料理学ぶ
〜尾花沢地区宮沢第一支部〜
尾花沢地区女性部宮沢第一支部の料理講習会が2007年2月7日、尾花沢営農経済センターで開かれました。
講習会には、同支部女性部員27人が参加。講師の井上玲子さん(尾花沢営農経済センター)から、「米粉ピザ」「米粉どら焼き」「米粉のアップルケーキ」「米粉入りカボチャのニョッキ」の米粉料理を学びました。
参加者は、「米粉にはグルテンが入っていないので、粘りが出ない」などのポイントを教わりながら、料理に挑戦。完成した料理を全員で試食し、満足のいく出来栄えに家出も作ってみようと喜んでいました。
脳ドック健診
〜主婦の元気な力のために〜
当JA女性部では、健康管理活動の一環として脳ドック健診に取組んでいます。
昨年初めて実施した脳ドック健診で、受診者の1割が要注意の診断を受けたことが関心を呼び、今年は241名の部員が受診しました。
脳ドック健診とは、MRI(磁気共鳴断層装置)による脳の断面像および頭部血管像や頸部血管像の撮影などによって、脳の健康状態を診断するものです。
女性部では今後も、「家族における主婦の元気な力こそ女性部活動の活力になる」と考え、脳ドック健診に積極的に取り組んでいきます。
ホームへ