女性部 
<2008年> <2007年> <2006年> <2005年> <2004年>   <貸衣装>
貸衣裳展示会
『心のプレゼント』でもてなし
最新の婚礼衣裳を展示した貸衣裳展示会が2005年11月26、27日の2日間、みちのく村山農協本店3階大ホールで開かれ、衣裳を予約する人たちで賑わいました。
今回はじめて村山、尾花沢、大石田地区女性部合同での展示会で、ウエディングドレス、色ドレス、振袖などの衣裳を多数展示。価格も低料金とあって好評で、結婚式を控えたカップルらが試着して入念に衣裳を選んでいました。また展示会わきでは、女性部員のアイディアで「手作りレストラン」を開き、ひとり一品の料理を持ち寄りバイキング方式で訪れた人たちを"心のプレゼント"でもてなし、心温まる展示会でした。

貸衣装の詳細はこちら
女性部研修旅行
長山洋子ショーを満喫
女性部研修旅行が2005年11月16日、17日の2日間行なわれ、部員ら90人が参加しました。
1日目に、新潟テルサで「長山洋子ショー」を満喫。代表曲の「たてがみ」「じょんがら女節」などの迫力ある生の歌声と津軽三味線に大きな拍手と声援を送っていました。また、客席に降りて握手するなど、気さくな一面も。ステージでは、伊藤嘉子部長が当JA産「はえぬき」をプレゼントして特産品をPRしました。
宿泊先の月岡温泉ホテル華鳳では懇親会が開かれ、各地区ごとに歌や踊りを披露し楽しい一時を過ごしました。2日目は、青野輝子さんの「今日を一生懸命生きる」をテーマに講演会を実施。名所などを見学し、2日間、女性部員相互の親睦を大いに図りました。
頑張ってます!女性部
尾花沢地区女性部研修会
尾花沢地区女性部の下期班長研修会が2005年11月5日、尾花沢営農ふれあいセンターで開かれ、各地区の班長ら約70人が出席しました。
研修会に先立ち松本コト部長が「食と農のかかわりのなか安全で安心な食材を提供するため、今年、中学校の学校給食の食材としてニンジン、ジャガイモを作り、地産地消を学校だけでなく家庭、地域に広めていかなければならないと思いました。地域みんなの健康のために、安全で安心な食材を提供するような活動が、これからのJA女性部にとって重要な役割になってくると思います」とあいさつ。研修では当JAの事業紹介として、みちのく葬祭ホールやすらぎの施設概要、利用状況、利用料金など直接施設を見学して説明を受けました。また、LPガス消費者安全教室として山形日紅の後藤俊弥マネジャーを講師に招き、最新ガス器具の説明として(株)パロマの松井成人山形営業所長をはじめ4人の講師を招いての調理実習、鏡付きつまようじ入れ作りの講習も行われ有意義な研修となりました。
大石田女性部、フレッシュミズ部会
大石田地区女性部役員研修会が2005年10月14日に行われました。研修会では、みちのく村山管内施設の相互理解と利用拡大を目的に、葬祭ホール「やすらぎ」をはじめ管内施設の見学を行いました。10月27日にはフレッシュミズ部会視察研修会が行われ、くみあい家庭薬の協同薬品工業(株)、長井村塾、農家のお母さんたちが作る農家レストラン「エルベ」を視察し、会員の親睦と組織活性を図りました。
女性部協賛で寝具展示会
大石田地区
大石田地区女性部協賛の寝具展示会が2005年10月8日、9日の2日間、大石田営農ふれあいセンター大ホールで開かれ大勢の女性部員らで賑わいました。
共同購入の一環として同女性部が協賛し毎年行っているもので、会場には布団、毛布、シーツ、枕、パジャマなど寝具が多数展示され値段も格安で提供されました。なかには5割以上安い超目玉商品もあり、訪れた女性らは担当者から説明を受け、実際に手をとり感触を確かめ入念に選んでいました。
自分たちの野菜を食材に〜給食交流会〜
尾花沢地区女性部

尾花沢市の常盤中学校で2005年9月21日、生徒と生産者との給食交流会が開かれました。
交流会で生徒は地産地消の意味、野菜の栄養などについて学び、生産者として尾花沢地区女性部の伊藤嘉子さん、松本コトさん、五十嵐ヒラ子さんの3人が出席。「私たちの手で給食の食材を提供したい」「神経を使い減農薬に心掛けた」「食材になるのがうれしくてがんばった」と述べ、苦労や心を込めて栽培してきた姿を伝えたいとあいさつ。一緒に給食を味わい、自分たちが作った食材の味を楽しんでいました。
五目おこわ700食大好評!
尾花沢地区女性部

尾花沢地区女性部は、2005年9月18日に尾花沢市文化体育施設「サルナート」で開催された「尾花沢市健康福祉フェスティバル2005」において、700食の五目おこわを格安で提供し、大勢の来場者から好評を得ました。
前日に準備し、当日は早朝から作業して提供。手作り五目おこわが1食100円とあって、準備した700食はあっという間に売り切れました。
女性部・フレッシュミズ研修会
組織活性図り研修会

みちのく村山女性部、フレッシュミズ部会の合同研修が2005年9月6日、尾花沢営農ふれあいセンターで開かれ役員、部員合わせて32人が参加しました。
元JAふれあい食材栄養士の柏倉智子さんを講師に迎え、自家製野菜を使った「枝豆ご飯」「キュウリのカレースープ」「焼きナスの豚しゃぶサラダ」など7品目の料理教室が行なわれました。教室では調理法や味付け、コツを聞きながら分担して料理を作っていました。午後からの共同購入商品研修では、各メーカーの担当者による商品説明が行なわれました。
参加部員は研修会を通じ、管内地区相互の親睦と組織活性を図っていました。
青空かあちゃん市場
大石田地区

毎年恒例となっている大石田地区女性部の青空かあちゃん市場が2005年8月12日、大石田営農ふれあいセンター前で開かれ、近所の主婦らが大勢詰め掛け賑わいました。
この日販売されたのは、同市場主催のメンバー7人がそれぞれ丹精こめて育てた、アスターやキキョウ、ハスの花といった盆花から、カボチャ、枝豆、ニンジン、トウモロコシなどの旬の夏野菜。
収穫したばかりで新鮮そのもの、目当ての品物を買い求めようとオープン前から長蛇の列。価格も、市価の3〜5割安とあって飛ぶような売れ行きでした。
秋野菜栽培講習会
大石田支部

女性部大石田支部主催の秋野菜栽培講習会が2005年8月2日、大石田支店で開かれました。
秋まき野菜の蒔きどきや育て方のポイントなどを部員みんなで勉強する目的で行なわれたもので、北村山農業普及課の保科潤子さんを講師に迎え行なわれました。
講習会では蒔きどき、適正な農薬使用法、管理方法などを重点的に学び、部員からは各野菜の人気品種、病害虫に対する農薬の紹介などの質問が出され、早速参考にしようと真剣に受講していました。
そろいの衣装で華麗に女性部演芸大会
楯岡支部

女性部楯岡支部の演芸大会が2005年2月20日に本店で行われ、約150人が参加しました。
各地区の代表20チームがそろいの衣装で、この日のために練習してきた踊りを華麗に披露。JA楯岡支店の職員たちもオリジナルの「マツケンサンバU」で参加し、会場からは大きな声援と拍手が送られていました。
最後に全員で「世界に一つだけの花」を踊り、参加した女性部員たちは楽しく有意義な1日を過ごしていました。
家の光を活用し料理講習
大石田地区女性部研修会

大石田地区女性部の研修会が2005年2月21日、大石田生活センターあぐり亜久里で行われ、女性部員30人が参加しました。
今回は「がま口ペンケース」作りに挑戦。簡単にできるとあって、家に帰ってからも作ろうと材料を買い求める人もいて好評を得ました。また、エークック(株)の担当者が講師となり、家の光を活用した料理に挑戦。「サツマイモとアズキの炊きこみごはん」や「ヘルシー焼きそば」などおいしく健康にも気を使った料理9品を学びました。
フラワーソープアレンジに挑戦
女性部宮沢第一支部正厳地区

各地区で活発に女性部活動が行われていますが、宮沢第一支部の正厳地区では2005年1月24日、フラワーソープ作りの講習会が行われました。
講習会には25人が参加。同支部の鈴木ケイ子副支部長らが講師となり、石けんに飾り付けをしてオリジナルの作品が完成。手軽に簡単にでき、石けんの香りがさわやかで玄関や部屋、車、トイレなど色んな場所にもってこいの品物とあって大喜び。参加した女性たちは「石けんの香りは心が和む。家中をさわやかな香りでいっぱいにしたい」と満足し、2個3個と購入した人もいて好評を得ました。
ホームへ